年別アーカイブ: 2008

第1回常任委で秋・年末闘争方針決定

10月22、23の両日、北九州市の毎日新聞会館で九州地連第1回常任委員会を開き、秋・年末闘争方針を決定しました。選出が遅れていた書記長に、毎日新聞労組西部支部の筑紫正和氏が選出され、新体制が本格的にスタートしました。また

カテゴリー: ニュース

第53回九州地連定期大会

九州地連は第53回定期大会を8月28、29日、大分の大分合同新聞社で開き、代議員、常任委員、来賓含め40人が参加し、07年活動報告、08年運動方針・予算について論議・決定しました。来賓として一倉基益労連副委員長、高橋一巳

カテゴリー: ニュース

九地連産業研究学習会

6月21日、佐賀市・佐賀新聞社会議室で「九地連産業研究学習会」を開催、新聞労連産業政策研究会座長で河北仙販労働組合の小関勝也さんが「縮小する新聞産業の現状認識」のテーマで講演を行いました。 新聞産業の現状については「特定

カテゴリー: ニュース

沖縄5.15平和行進

沖縄の本土復帰36年にあわせた「5・15平和行進」が、5月16-18日の3日間にわたって行われ、全国から計7000人が集まりました。九州地連からも、沖縄地連や新聞労連の呼び掛けにこたえ、20人が参加。東北から中国、四国ま

カテゴリー: ニュース

九地連中高年部幹事会

九州地連中高年部第3回幹事会が2008年5月14~15日、大分県・別府市で8単組12人が参加して開かれました。08春闘総括では業績低下を人件費削減のみで乗り切ろうとする経営陣の厚い壁の中、中高年分野の賃金ダウンをはね返す

カテゴリー: ニュース

長崎新聞労組3・1集会

3・1市民集会は1991年3月1日、長崎新聞社と長崎地裁に銃弾が打ち込まれたのを機に暴力に抗するための声を上げなければならないと1992年3月1日、地域市民と一緒に考える試みの集会を企画しました。 冒頭山口大介委員長が「

カテゴリー: ニュース

東京総行動

10日は中野麻美氏「労働ダンピングと格差社会」、関根秀一郎氏「ワーキングプアの逆襲」の演題で講演を行いました。中野氏は①格差社会における貧困と差別②雇用多様化の質的転換③労働法制の到達点④非正規雇用化・雇用の買い叩きは産

カテゴリー: ニュース

MIC08福岡総行動

「MIC08 福岡総行動」が3月4日、福岡市で行われました。新聞労連九州地連、民放労連九州地連をはじめ、新聞労連・一倉副委員長、新聞労連・東京地連、沖縄地連の仲間、新聞OB会や福岡市職労、福岡県労連、福岡地区労ら地元単組

カテゴリー: ニュース

08九州・沖縄春闘討論集会宮崎で開催

地元宮日新聞労組永井委員長、九地連・横尾委員長、東北地連・千葉中執のあいさつに続き、嵯峨労連委員長による講演「新聞産業の未来と08春闘」が行われました。 講演では「新聞産業の危機が言われているがあまりにも右往左往しすぎて

カテゴリー: ニュース