九地連中高年部幹事会

九州地連中高年部第3回幹事会が2008年5月14~15日、大分県・別府市で8単組12人が参加して開かれました。08春闘総括では業績低下を人件費削減のみで乗り切ろうとする経営陣の厚い壁の中、中高年分野の賃金ダウンをはね返すべく闘争も組まれたが前進は図られなかった。組織強化を含め今後のさらなる闘いの継続性と重要性を確認した。また退職金改善などの交渉も重ねた。

60歳超の再雇用者は年々増加し制度として定着、各社にとって重要な戦力として重視されるようになってきている。しかし希望者全員雇用や賃金面、職場環境など課題も多いことが明らかにされた。健康問題では長期療養者が後を絶たず自然退職に追い込まれるケースもあり、ストレスを抱えての労働実態が浮き彫りにされた。今後さらに情報交換を重ねながら改善へ向け取り組むことになった。

カテゴリー: ニュース